日々、デザイン視点で

デザインの話題や美味しい情報を扱うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の京都

只今、京都は紅葉シーズン。

TVの旅番組などもこれでもかという感じの取り上げ方ですね。
寺院の紅葉などはそれはそれは綺麗です。

ですが、観光で京都に来られる方は、それなりに覚悟も必要です。
週末の観光地はとてつもない大人数で、人波に流されるようにしか
見ることは出来ません。
週末の京都市内は渋滞だらけですので、私は車では絶対近寄らない
ようにしています。

この3連休の初日、小浜市に行ってきました。
オバマさんつながりでさぞや盛り上がっているのかと思いきや、
町中にはぽつりぽつりとしか人がいない感じ。
そんな状況なので、撮影できていた芸人のノッチさんも直ぐに
発見。道を挟んで互いにお辞儀しておきました(笑)

で、その帰りです。
鯖街道をとおって帰ったのですが、鯖街道は大原・三千院の
前を通ります。既に暗くなっていたのですが、そのバス停には
長蛇の列。バスの本数も少ないですから、あの状況では、
寒空の中、数時間待たなくてななりません。
そこから数分京都市内に向かうと渋滞が発生し、普通なら20分
ぐらいのところを1時間以上かかって市内に入りました。
バス利用の人はバス停でずっと待たされ、バスの中でも1時間
以上立ちっぱなしの人もいたはずです。お気の毒に。

というわけで、できればこの時期の京都観光は平日のほうが
おすすめですよ。


MacBook Pro がやってきた

MacBook Pro が届きました。
発注してから約1ヶ月待ち。長かった~

まずは箱の小ささにビックリ。
こんなにコンパクトな状態で届くとは思ってもみませんでした。
中の梱包も相変わらずAppleはお洒落です。

今回のユニボディも同様。
他のPCにはない作り込み感を感じます。なんたって、エッジが立ちまくってます(笑)
ポート口とか意味もなく触りまくって1人でニンヤリ。
スピーカーの穴とか、スリープインジケーターライト部とか、いや~久しぶりに
美しいプロダクトが身近にきた感じです。

1つ難点を挙げるとすれば、常に外部ディスプレイと接続している私にとって、
Mini DisplayPortの抜き差しが非常にやりにくいこと。こんなにガッツリ接続しなければ
ならないものでしょうか??

まあとにかく、これから気分的にも作業がはかどりそうです。
もちろん性能的にも。何せ今までがPowerBook G4だったからねえ。


デザインイベント&ラリー

あいかわらず脈略のない書き込みになってしまいます。

来週からデザイナーズウィーク2008が始まりますね。
tideや21-21の展示。大使館などなど、10月30日~11月3日の期間中は
都内は見所満載で楽しい時期です。

私も職場の関係から明治神宮外苑への展示に携わります。
29日に搬入&展示、そして本当ならしばらく都内に滞在して、いろいろと
見て回りたいところですが、翌30日には北海道に旅立ちます!

また北海道かと思われそうですが、今回の目的は WRC Rally Japanです。
数年前から行われている自動車ラリーの世界選手権。
昨年までは私の地元の帯広を中心に行われていましたが,今年からはメイン会場を
札幌に移転、アクセスがしやすくなりました。

そして何といっても見所なのは,札幌ドームを解放しての、外と中がつながる
特別コース。きっとラリーカーが鳴らす爆音がドームに響き回るはず。
これを見逃すわけにはいかず,オフィシャルスタッフとして参加することになりました。
いまから涎ものです(笑)。

で、3日に東京に戻って夕方から搬出作業。

どうしてこうも楽しいイベントの日程がもろにかぶってしまいますかねえ~


りくべつ鉄道

9月上旬、北海道・帯広に数日間帰省しておりました。

帰省するといつも暴飲暴食&ドライブ三昧の私。
レポートすることがいくつもあります。

今回はこれ、「りくべつ鉄道」
鉄道マニアの方なら殆どの方がご存知だと思いますが、既に廃線となった
「ふるさと銀河線」の陸別駅で、車両運転を講習を受ければ行うことが
できるというもの。
いろいろとメニューがありましたが、私が行った時には完全予約制\20,000コース
のみでした。

急に思い出して行ったものだから、残念至極です。。
世間で言うマニアではないですが、運転できると聞けば、そりゃあ1度はしてみたい
ものですよねえ。

01.jpg

02.jpg


この日も先客が熱心に説明を聞いて運転しておりました。
顔つきが真剣そのもの。

きっとワクワクしながら陸別まで来たんでしょうねえ。

03.jpg

そして脇の方にはかわいい銀河鉄道999も。




DESIGN BUSSAN NIPPON

一昨日の事ですが、DESIGN BUSSAN NIPPONを見るために、銀座・松屋に行って来ました。


ちょうど旭川の高橋工芸の方の実演の時間。

私もここのKAMI-glass W-Mを1つ持っているので、興味深く見たかったのですが、
何せ時間がないものだから、見るのは少しで、耳を傾けたまま会場を散策。

というか、散策しながら全体を見渡し、感じ取る事がというのが今回の展示については
大事かと、見ていながら感じました。

ものづくりは平和な社会だからこそ、丹誠込めて行う事ができる、いわば文化の
象徴のようなもの。伝統工芸からはそれを強く感じ取る事ができます。

それを全国から集めて一同に扱う今回の展示は、会場に多く集まった若い世代の人たちの
目に触れるという事が、とても意味のある事だと感じました。


会場では卒業生で大阪のDで働いているUくんと、山形時代からの付き合いのNくんと会い、
さらにその相方のOさんと久しぶり会う事ができて、話す事ができました。
Nくんはナガオカケンメイさんのブログでも紹介されていましたが、もはや片腕の
ような存在なのではないでしょうか。


見終わった後、純粋に私も故郷と真摯に向き合う仕事がしたいと、以前からの想いが
強烈に強くなってきました。

想うだけでは駄目ですね、行動に移さなくては!



ホーム

≪ BackHomeNext ≫

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

torimin

Author:torimin
帯広→稚内→つくば→山形と渡り歩いて、只今、京都6年目。
デザインと教育に関わる職種経験から私なりのデザイン視点で日々思うことを綴ります。

最近の記事

月別アーカイブ

Counter

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

用語集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。