日々、デザイン視点で

デザインの話題や美味しい情報を扱うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望のオブジェ

欲望のオブジェ―デザインと社会 1750‐1980 / アドリアン フォーティ


「欲望のオブジェ」

デザインの世界ではもはや教科書的な一冊ですが、この著者アドリアン・フォーティーの
講演会が6月8日(金)16:10より京都工芸繊維大学で開催されるようです。

いまのデザイン界に対して彼が何を語るのか、非常に楽しみ。
ただ、定員が当日先着100名というのが気になります。
もっと多くの人が集まると思うのだけどなあ…

図書館戦争

デザインとは関係ない本ですが、相方から「多分はまるよ。」っと昨晩に
いわれ、そのまま今朝まで一気読みしちゃいました。


図書館戦争


図書館内乱

図書館危機




以前に小説読んだのが思い出せないぐらい昔なので、
評することはできませんが、こういう背景の設定が
しっかりしているの好きです。
歯切れよく進んでいくから読みやすかったのかな?

まあ、娯楽作品ですが。

そして勝手に3部作だと思い込み、話が完結するもの
だと思っていたら、最後にto be continued。
ああ、まだ終わらないのね、少々ショック…


でも久しぶりに休日らしい過ごし方をさせてもらいました(笑)

デザインにひそむ<美しさ>の法則

昨年末にソフトバンク新書から、
「デザインにひそむ<美しさ>の法則」という本が出ています。

私は最近読んだのですが、すでに読まれたでしょうか?

この分量の書籍にしては、多彩な例を取り扱って非常に分かりやすい解説が
加えられていて、さらりと読みやすい文面で、良い本だと思いました。

「角R」など、プロダクトの専門語を取り上げる少々マニアックさを
感じさせつつも、かえって読んでいて好感が持てます。

さらに、デザインに関係するいろいろな本が紹介されていますが、
これらも是非読みたいと思わせるところも素敵です。

デザインへの導入本として推薦したい本でした。

ホーム

≪ BackHome

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

torimin

Author:torimin
帯広→稚内→つくば→山形と渡り歩いて、只今、京都6年目。
デザインと教育に関わる職種経験から私なりのデザイン視点で日々思うことを綴ります。

最近の記事

月別アーカイブ

Counter

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

用語集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。