日々、デザイン視点で

デザインの話題や美味しい情報を扱うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割烹 吉膳

昨晩、義兄からのお誘いで、祇園の割烹・吉膳さんにいってきました。

お店は料理人の岡本さんがカウンタ-7席を全て賄う小さなところですが、
あの有名な芸子の佳つ乃さんも本で紹介するほどのお店です。

義兄と岡本さんは留学先のアメリカでたまたま出会ってからの中だそうですが、
岡本さんは帰国後に日本料理の世界に入ったそうなので、修行を始めたのは
一般的には遅い方のようです。

でも祇園で16年も1人でお店をやってきたということで、やっぱり料理は素晴
らしかったです。
料理は、この時期を象徴する京都料理ということで鱧を出して頂きました。
最初に出されたのが鱧の白子。鱈のそれとはまた別格の、とても繊細で濃厚な味。
鱧の骨切りも目の前で見ることが出来るし、手際の良いリズミカルな振る舞いは
料理とともに見ていてとても楽しかったです。

おしのぎも、香り・食感ともに素晴らしくて、聞くとかなり手の込んだ一品で、
夢中になって食べてしまいました。


京都でまた素晴らしいお店と出会えて、幸福感に満たされたひと時でした。


スポンサーサイト

≪ Apple KeyboardホームNAOTO FUKASAWA ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

torimin

Author:torimin
帯広→稚内→つくば→山形と渡り歩いて、只今、京都6年目。
デザインと教育に関わる職種経験から私なりのデザイン視点で日々思うことを綴ります。

最近の記事

月別アーカイブ

Counter

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

用語集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。