日々、デザイン視点で

デザインの話題や美味しい情報を扱うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いTBがやってきた

I-O DATA LANDISK Home DLNA対応LAN接続HD 1.0TB HDL4-G1.0 I-O DATA LANDISK Home DLNA対応LAN接続HD 1.0TB HDL4-G1.0
(2007/04/30)
アイ・オー・データ

この商品の詳細を見る


とうとう私のデスクにTBのハードディスクがやって来た。
私のPC環境はメインがPowerBook G4、その脇に160GBハードディスク、
DELLのデスクトップであるのだが、どうにもデータ量が多くてHDがキツキツに
なっていました。単純に整理のしかたが悪い気がするのだが…
いちいちDVDに書き込むのも面倒なので、どうせなら、ということで導入です。

セットアップも終わって、今のところ調子良く動いてくれています。
ただ、ひとつだけ問題が。


私のデスク上で、こやつの白は目立ちすぎるのです。


とても綺麗な白なだけに、他のシルバーや黒やグレー系を中心としたデスク上では
まぶしすぎるほどの存在感。
目立ちすぎる、なんて書いたら否定的に捉えられるかもしれないが、これは
白の持つ一種の魔力のようなもの。

これから身の回りのものを購入する時には、この白に引っ張られてしまいそうです…

スポンサーサイト

パーティーと会議と出張と書類と舞台

また間が空いてしまいましたね。

またいろいろな記述になってしまいます。

国際福祉機器展に行った2日後に、友人のパーティーに参加するためにまた東京へ。
和装していかなければならないので、父が30年着ていなかった着物を借りて出席。
銀座の趣きある空間で、主役のお二人もとっても素敵。

翌週の水曜からは札幌へ。
この国際会議に参加してきました。
そこで、KAISTのLee先生と数年ぶりに会いました。
聞こうと思っていたセッションの開始ギリギリに部屋に入って席に着くと、
そのセッションのチェアマン役のLee先生と目が合い、もうすぐ始まるというのに
Lee先生が私のところにやってきて握手しながら挨拶する。
韓国のデザイン・感性工学の教育者として有名な先生に、向こうから話しかけに
来てくれてビックリだったけど、これがLee先生のお人柄、素敵です。
そのセッションは韓国の方の発表が多かったのですが、質疑応答ではLee先生の
公開授業のような雰囲気になってしまいました。
普通、研究発表の場ではあり得ない形でしたが、ユーモアを含みつつ、適確に
重要なことを指摘する内容はとても勉強になります。
Lee先生のところで学んでいる学生は幸せだろうなあ。

会議の後、実家にちょっと寄ってから日曜に京都に帰る。

火曜日には新しい仕事の関係で京丹後へ。また京丹後への通いが増えてしまいます…

水曜には来年度に向けての重要な書類を作成。ぜひ採択してもらいたい。

木曜は急きょ大阪に行かなければならない用事。久しぶりに会う人たちがチラホラ。

土曜は昼に友人夫妻と食事して、一緒に友人が出る舞台を見に行く。
http://www.artcomplex.net/ws/
コンドルズの近藤さん、藤田さんが指導するということで、参加したそうだが、
仕事を休んでまで参加する彼女の情熱が素晴らしい。
見ていて、なんだかうらやましい気分になってしまいました。
自分はダンスや体を動かすことを全くと言っていいほどしないのに…



国際福祉機器展

昨日はは日帰りでビッグサイトでした。
今日まで開催の「国際福祉機器展」を見たかったので。

10年ほど前に始めて見に行った時に受けた衝撃から、いつも
気になりつつも、なかなかタイミングが合わずに、今回も約5・6年ぶり。

で、行ってみると、何か他のイベントと間違えていない?? って思うほど
人の入りが多い。
私がちょっと前から関わっている、滋賀県の研究会に参加している企業も
出展していたので立ち話しつつ、会場をウロウロするも、4時間弱でちゃん
と見れたのは全体の半分ぐらいの気がする。
ここに来ると、大手の企業だけの製品でなくて、中小や他の団体がおそらく
それぞれの日頃の経験や実感というところから取り組んだ、ものづくりへの
思い、というものを強く感じることが出来ます。
デザインの入り込んでいない、いわば生の状態のまま出品されているものが
多いのだけれども、その「思い」がとてもフレッシュで、見て、触って、
本当に気分が良くなります。


このような感覚を味わえるのはとても貴重なのだけども、それが10年ほど
前ととさほど変わらないのは、それはそれで市場の問題なのだろう。

今のところ私は福祉機器のデザインに携わったことは無いのだが、
こういったことも常に考えていかなければならない。


で、帰りは貯まりに貯まったカタログを宅配で送るかどうか相当悩んだけれども、
結局、品川まで我慢して持ち運ぶ。

おそらく、会場で目にしたキャリアに段ボールをくくり付けてパンフやカタログを
大量に入れ込んでいる人が何人もいたが、それが正解なのだろうな。

ホーム

Home

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

torimin

Author:torimin
帯広→稚内→つくば→山形と渡り歩いて、只今、京都6年目。
デザインと教育に関わる職種経験から私なりのデザイン視点で日々思うことを綴ります。

最近の記事

月別アーカイブ

Counter

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

用語集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。