日々、デザイン視点で

デザインの話題や美味しい情報を扱うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TENORI-ON

TENORI-ONの発売がとうとう間近ですねえ。
日本での発売はいつになるでしょう?

はやく触れてみたい、というか買う気満々なのですが…


岩井敏雄さんは、私が学生の頃にウゴウゴルーガで脚光を浴び、
それ以来、その活動に注目している方です。
常に面白い取組みをされている、世間に刺激を与えてくれるアーティストですね。

そのスタンスに目が離せません。

TENORI-ON開発日誌
http://tenorion.exblog.jp/



スポンサーサイト

Apple Keyboard

20070820163229.jpg

アップル Apple Keyboard (JIS) MB110J/A /

来たぞ来たぞ!
AppleKeyboardが今日到着。

早速箱を開けてみると、小さっ!
中を出してみると、薄っ!!

PowerBookよりかなり薄い。
肝心なキータッチは思っていたほど悪くない。
というより、1つ前のキーボードより私は相当に気に入りました。
フラットなキートップが印象悪かったのだけど(電卓っぽくて)、
実際使うと何ら問題無し。

よ~くよく見ると、若干キートップのプリントに甘さがあるけど、
全体的な美しさがそんなのカバー。

これから仕事が捗りそうです。

割烹 吉膳

昨晩、義兄からのお誘いで、祇園の割烹・吉膳さんにいってきました。

お店は料理人の岡本さんがカウンタ-7席を全て賄う小さなところですが、
あの有名な芸子の佳つ乃さんも本で紹介するほどのお店です。

義兄と岡本さんは留学先のアメリカでたまたま出会ってからの中だそうですが、
岡本さんは帰国後に日本料理の世界に入ったそうなので、修行を始めたのは
一般的には遅い方のようです。

でも祇園で16年も1人でお店をやってきたということで、やっぱり料理は素晴
らしかったです。
料理は、この時期を象徴する京都料理ということで鱧を出して頂きました。
最初に出されたのが鱧の白子。鱈のそれとはまた別格の、とても繊細で濃厚な味。
鱧の骨切りも目の前で見ることが出来るし、手際の良いリズミカルな振る舞いは
料理とともに見ていてとても楽しかったです。

おしのぎも、香り・食感ともに素晴らしくて、聞くとかなり手の込んだ一品で、
夢中になって食べてしまいました。


京都でまた素晴らしいお店と出会えて、幸福感に満たされたひと時でした。


NAOTO FUKASAWA

Naoto Fukasawa Naoto Fukasawa
Naoto Fukasawa (2007/06)
Phaidon Inc Ltd

この商品の詳細を見る

深澤直人さんの作品集、やっと届きました。
Amazonで注文してから、結構待たされましたね。

まだじっくり読んではいないのですが、プロダクトデザインの作品集として、
やっぱり濃い内容だと感じています。著名なデザイナーやアーティストも寄稿
しているし、本自体の作りも秀逸です。

そして表紙は代表作MUJIのCD PLAYER。


別の話になってしまいますが、私はこのCD PLAYERを見ると、どうしても思い
出す作品があるので紹介しておきます。
いま手元に資料が無いので、はっきりとしないのですが、97か98年に山梨で
行われた日本デザイン学会研究発表大会のポスター発表の会場で、CD PLAYERを
展示している方がいました。
展示されているCD PLAYERは内部の機構の一部を外注したそうですが、その他は
発表者自ら作成したもので、形態としては本体とスピーカーが分割された、非常に
コンパクトなものだったと記憶しています。
このCD PLAYERの最大の特徴は、CD PLAYERのコントロールを直接触って行うと
いうものでした。この時代は、あらゆるものをリモコンで操作してしまいかねない
風潮が全盛だった気がするのですが、そのような中で、この方のインタフェースへ
の考え方は、いわば、人間の『行為』に注目した取組みでした。

具体的にどのようなものだったかというと、サイズ的には深澤さんのCD PLAYERと
ほぼ同等で、CDの装着もむき出しだったというところは類似しています。
ただ、操作のしかたとして、CDを再生したい時にはCDのDISKに指を直接触れ、軽く
時計回りに回してやると、後は勝手に回転速度が増してグルグルと回り続け、再生さ
れるというもの。そして止めたい時には、また指で直接DISKに触れて回転を止める。
実に分かりやすいインタフェースの在り方でした。

当時とても衝撃を受け、強く印象に残っている一品でした。

ホーム

Home

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

torimin

Author:torimin
帯広→稚内→つくば→山形と渡り歩いて、只今、京都6年目。
デザインと教育に関わる職種経験から私なりのデザイン視点で日々思うことを綴ります。

最近の記事

月別アーカイブ

Counter

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

用語集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。